読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SimplePlanes設計局(たぶん不定期)

SimplePlanesの物理を鵜呑みにするな。Simpleではレッドブル飲まなくても飛ぶのだから、飛んでいるからといって現実でも飛ぶとは限らない。

おら車ブログさ始めるだ【マツダCX-8の話】

さあ唐突に始まるですよ。

 

底の見えない謎趣味ブログを標榜するだけあって(してない)明日には萌え画像まとめブログとかになってるかもですよ(ならない)

 

 

 

 

年内の発売がアナウンスされたマツダの新3列シートSUVであるCX-8ですが、ここに来て海外からテスト車のスクープ写真が届きました。届いたんですが………………

 


f:id:slava1164:20170514231103j:image

 

うーん………なんだか凄く既視感が………………

 


f:id:slava1164:20170514231405j:image

 

あっ………………………………

 

 

うわーおんなじだよこれ。まんまCX-9だよ。

 

フロントマスクはCX-5似になるようですが、それもまた個性が無くていけない。

 

 

いや、似ていることが必ずしも悪いというわけではありません。メルセデスとかもヒエラルキー無視でデザインを揃えてクルマを売ってます。が、メルセデスと同じ売り方を今のマツダが採れる筈はない訳で、やはり3列シート以外での差別化が欲しいところですね。今後の情報に期待しましょう。

 

 

 

 

 

という訳で、明日は萌え画像まとめブログになるよ(違

Android版AIMPでスキンを変更する方法(v2.50以降)


f:id:slava1164:20170510135312j:plain


という訳で今回は管理人が愛用しているWindows/Android向け音楽プレーヤー、AIMPのAndroid版のお話。


前回Android版がユーザースキンに対応したというのを軽く記事にしましたが、ネットの海を探しても他にそのことについて触れている記事がなかったので、じゃあ私が書けばいいじゃないか!ということで今回はより詳しく、スキンの導入方法について書き留めておこうと思います。




公式サイトからスキンをダウンロードする


スキンは公式サイトからダウンロードすることができます。まだ数は少ないですが、今は機能がリリースされてから間もないので仕方ないですかね。Windows版のスキンを作成できるスキンエディターがAndroidにも対応すれば良いのですが。


f:id:slava1164:20170510124114j:plain


実際の手順ですが、まずはAIMPの公式サイトを開き、左側のメニューバーからFor Android>Addons>Skinsにアクセスします。
そうするとAndroidで利用可能なスキンの一覧が表示されるので、自分の好みに合うものを選んでみましょう。Dowloadボタンを押すとファイルが保存されます。今回管理人はページの一番上に表示されていたスキンを選んでみました。


f:id:slava1164:20170510130503j:plain


ファイルはAIMPにそのまま適用可能な状態でダウンロードされるので、解凍やリネーム等の操作は必要ありません。ダウンロード後はスキン保存用のフォルダを作ってそこに放り込んでおくと良いと思います。


ダウンロードしたスキンを適用する


f:id:slava1164:20170510132714j:plain


スキンをダウンロードした後は、AIMPのアプリを開き、サイドバーから設定>インタフェース>スキンと進みましょう。


f:id:slava1164:20170513173555j:plain


するとデフォルトではBlissが適用されていると思うので、一番下にあるカスタムを選択します。するとエクスプローラが立ち上がるので、先ほどスキンを保存した場所を開いて適用させます。


f:id:slava1164:20170510131800j:plain


設定から戻ると無事スキンが適用されていました。いいね。





以上がAndroid版AIMPでのスキン適用方法です。今後のアップデートで変わる可能性はありますが、その際は適宜こちらに追記していきます。また、これらの機能含めてアプリは現在全て無料で提供されています。類似の有料アプリと比べても機能はシンプルですが音質は遜色ないと思うので、触ったことない方は一度お試しあれ。





【5/13追記】一部の画像にぼかしを入れてなかったので修正

【機体紹介】ChaMikey氏のMig-31 Foxhound 'Schwarze'

http://www.simpleplanes.com/a/2DOyqf/Mig-31-Foxhound-Schwarze


f:id:slava1164:20170509075602p:plain
f:id:slava1164:20170509075619p:plain


ベルカ空軍第13夜間戦闘航空団第6戦闘飛行隊シュヴァルツェ

<<シュヴァルツェ・リーダーより各機
逃走を図った機体が ここに逃げ込んだ
相手はあの『フッケバイン』だ 油断するな>>


という訳で、今回紹介するのはゲーム「ACE COMBAT ZERO THE BELKAN WAR」に登場する敵エース部隊、シュヴァルツェ隊の黒いMiG-31です。


f:id:slava1164:20170509075828p:plain


前回MiG-29を記事にしたら、それ以前の超マイナーorオリジナル機体を記事にしたときよりもアクセスが多い気がしましてね(苦笑)、個人的にはまだまだ知名度の低い機体も紹介したいんですけど、やっぱりアクセス数多いと嬉しいので今回はこちらをチョイスしてみました。



シュヴァルツェ隊については話し始めると止まらないので(管理人は空のACシリーズも大好きです)、詳しくは割愛しますが、シュヴァルツェ隊はベルカ空軍の督戦部隊(自軍部隊を監視し、逃亡や投降を図る者を摘発する部隊)として結成され、ベルカ空軍内でハゲタカ隊とかエスケープキラーとか呼ばれて畏怖されていた部隊です………………ってこれエースコンバットを知らない人にはなんのこっちゃワカランですよね(^_^;)

部隊構成は黒と赤で塗装されたMiG-31×8です。
どう考えても近接戦闘捨ててる(´・ω・`)

ベルカ戦争時には督戦部隊としての任務を大いに果たして味方から怖れられましたが、とある命令違反者の追跡任務中に主人公(ガルム1)とインターセプトし、目標を変更し全機で攻撃を仕掛けるも返り討ちに遭い全機撃墜されてます。(´・ω・)カワイソス


f:id:slava1164:20170509132245p:plain
f:id:slava1164:20170509132258p:plain


エースコンバットシリーズの良い所って、現実にはそうそう実現しないようなカラーを纏った機体を見れる&飛ばせる所にあると思うんですよね。AC6で登場して今ではすっかり定着した?感のあるあのアイマス機(いわゆる痛戦闘機)なんかはその極致な訳で。このMiG-31も実機で黒いものは未だ存在しないですし、ましてアクセントカラーは赤ですよ。赤。戦闘機に赤色のペイントは普通あり得ないけど、これまた凄く似合ってますよね。いやホント、エスコンのデザイン担当さんは良い仕事してると思います。
(エースコンバットシリーズには他にも"赤い"戦闘機多い印象です。ACZEROのロト隊EF-2000、AC6のシュトリゴン隊Su-33等)



とまあこんな感じで、管理人はアーマードコアだけでなくエースコンバットも愛している人間なので、シリーズにまだ触れたことが無い人は興味を持ってくれると嬉しいです。丁度ナンバリング最新作も出ますしね(超楽しみです)

………………ん?お決まりの実機の解説はって?


長くなりそうなので割愛()


あっ別にMiG-31が嫌いな訳ではなく、むしろ大好きな機体なので余計に長くなりそうなのでね(^_^;)
適当にRussianPlanes.netから写真を引っ張って貼っておきますよ。
(元リンクは………貼るの面倒なので良いかな?権利関係はしっかりやんないとブロガー失格って言われそうですが、まあ写真にID付いてるので………)


f:id:slava1164:20170509214409j:plain
f:id:slava1164:20170509214443j:plain
f:id:slava1164:20170509214505j:plain
f:id:slava1164:20170509214552j:plain




リンクはこちら

http://www.simpleplanes.com/a/2DOyqf/Mig-31-Foxhound-Schwarze





それでは今日はこのへんで。では

【機体紹介】realluochen9999氏のMiG-29M

f:id:slava1164:20170501120417p:plain

f:id:slava1164:20170501123106p:plain

https://www.simpleplanes.com/a/9MpfhJ/Mig-29M


今回紹介するのはロシア現用戦闘機ではSu-27と並ぶ代表的機体であるMiG-29。


f:id:slava1164:20170501125525j:plain


まあ一口にMiG-29といってもそのバリエーションは旧ソ連衛星国での改修型や個別の輸出型等があるため結構大変な量があり、とても把握できるものではないんですが(NATOコードネームは大雑把すぎて役に立たない)、MiG-29Mに関して言えば、1987年に初飛行した9.15規格機と、2000年代に入って開発された第4++世代機であるMiG-29M2の単座型とがあり、前者にはファルクラムEのNATOコードネームが与えられていますが、ソ連崩壊による予算縮小で開発中止。宙に浮いた機体はMiG-29OVTに改造されたりしてます。(上の写真がそれ。ダブルクルビットとか出来ちゃう変態)
一方後者はシリーズ最新鋭であるMiG-35に発展していますね。


f:id:slava1164:20170501145151j:plain

(最新のMiG-35。写真下にMiG-29M2とあるが実際29M2と35の区分はよくわからない。誰か教えて………)


で、今回紹介しているのは9.15規格のMiG-29Mだと思われるので実機の改良点を列挙しておくと、

・LERX部補助インテーク廃止
・タービュレーター形状変更
・テイルコーン形状変更
・翼下ハードポイント追加
主翼フラップ、水平尾翼の面積拡大
水平尾翼前縁にドッグトゥース追加

等々、この他外観に影響しない改良点も挙げればキリがないのですが、そこで改めてSimpleplanesの機体と見比べてみると気付くのが、

「あれ?これ全然MiG-29Mじゃなくね?」

ということ。(すごく本末転倒な結論)
実際補助インテークは残ってるし、テイルコーンは旧形状だし、ドッグトゥースは設置されてないし(あと細かい差異ではあるが、主翼端の形状が異なる)、どこをどう見ても9.15規格機には見えないというね(^_^;)



という訳で、もし貴方が機体が実機と異なることが許せない純粋主義者ならば、ダウンロードしたら機体名をそのままではなく、何かしらに変更したら良いと思うよ(適当)。ていうかごめんなさい。ここまで偉そうに言っておきながら、結局製作者さんがどの機体をモデルに作ったかまでは私にも分かりませぬ(´・ω・`)ゴメンネ


とはいえ、現状配布されてるMiG-29系列の中では1番クオリティが高いのは確かなので、皆様も是非触って見てくだされ。





それともう1つ。



flyingsteve88氏のRussian Swifts Aerobatic Team’s MIG-29

https://www.simpleplanes.com/a/e7Voez/Russian-Swifts-Aerobatic-Teams-MIG-29


f:id:slava1164:20170501190929p:plain

f:id:slava1164:20170501192710j:plain


こちらはrealluochen9999氏のMiG-29Mに手を加えてロシアの展示飛行チーム"ストリージ"(露:Стрижи)(英名:Swifts)仕様としたもので、実機はMiG-29Mではなく9.13規格のMiG-29なのですが、なにせこちらのMiG-29Mは見た目完全に9.13規格なんかの機体と同じなので何も問題ないという訳で。ストリージの機体塗装が気に入った方は是非。





リンクはこちら
MiG-29M

https://www.simpleplanes.com/a/9MpfhJ/Mig-29M

ストリージ仕様MiG-29

https://www.simpleplanes.com/a/e7Voez/Russian-Swifts-Aerobatic-Teams-MIG-29





ではまた