SimplePlanes設計局(たぶん不定期)

SimplePlanesの物理を鵜呑みにするな。Simpleではレッドブル飲まなくても飛ぶのだから、飛んでいるからといって現実でも飛ぶとは限らない。

Android版AIMPでスキンを変更する方法(v2.50以降)


f:id:slava1164:20170510135312j:plain


という訳で今回は管理人が愛用しているWindows/Android向け音楽プレーヤー、AIMPのAndroid版のお話。


前回Android版がユーザースキンに対応したというのを軽く記事にしましたが、ネットの海を探しても他にそのことについて触れている記事がなかったので、じゃあ私が書けばいいじゃないか!ということで今回はより詳しく、スキンの導入方法について書き留めておこうと思います。




公式サイトからスキンをダウンロードする


スキンは公式サイトからダウンロードすることができます。まだ数は少ないですが、今は機能がリリースされてから間もないので仕方ないですかね。Windows版のスキンを作成できるスキンエディターがAndroidにも対応すれば良いのですが。


f:id:slava1164:20170510124114j:plain


実際の手順ですが、まずはAIMPの公式サイトを開き、左側のメニューバーからFor Android>Addons>Skinsにアクセスします。
そうするとAndroidで利用可能なスキンの一覧が表示されるので、自分の好みに合うものを選んでみましょう。Dowloadボタンを押すとファイルが保存されます。今回管理人はページの一番上に表示されていたスキンを選んでみました。


f:id:slava1164:20170510130503j:plain


ファイルはAIMPにそのまま適用可能な状態でダウンロードされるので、解凍やリネーム等の操作は必要ありません。ダウンロード後はスキン保存用のフォルダを作ってそこに放り込んでおくと良いと思います。


ダウンロードしたスキンを適用する


f:id:slava1164:20170510132714j:plain


スキンをダウンロードした後は、AIMPのアプリを開き、サイドバーから設定>インタフェース>スキンと進みましょう。


f:id:slava1164:20170513173555j:plain


するとデフォルトではBlissが適用されていると思うので、一番下にあるカスタムを選択します。するとエクスプローラが立ち上がるので、先ほどスキンを保存した場所を開いて適用させます。


f:id:slava1164:20170510131800j:plain


設定から戻ると無事スキンが適用されていました。いいね。





以上がAndroid版AIMPでのスキン適用方法です。今後のアップデートで変わる可能性はありますが、その際は適宜こちらに追記していきます。また、これらの機能含めてアプリは現在全て無料で提供されています。類似の有料アプリと比べても機能はシンプルですが音質は遜色ないと思うので、触ったことない方は一度お試しあれ。





【5/13追記】一部の画像にぼかしを入れてなかったので修正